業務について

税理士を変えたい方

税理士を変えたい理由をチェックしながらご検討ください。
 ①報酬を下げたい
 ②年度決算の予測が立たない
 ③税務申告に関する知識や能力が低い
 ④税務調査の対応に不満がある
 ⑤経営相談などのコンサルティング能力が低い
当事務所では、お客様と長くお付き合いをする事が会計事務所にとっての財産であると考えております。
現在の顧問税理士に不安がある方はご相談下さい。

①報酬を下げたい

税理士報酬は自由競争となっていますので安さを求めるのであればいろいろな会計事務所から見積書を入手し比較検討してください。
当事務所では、決算報酬や顧問報酬は会社の人数、記帳代行は伝票枚数に比例した料金体系になっております。また記帳代行も当事務所に依頼される場合は顧問報酬は半額で承っております。
簡単見積フォームから、報酬の目安を計算できます。

②年度決算の予測が立たない

建設業やソフト開発の会社のように原価管理が必要な会社は通常の試算表はあまり意味がありません。
当事務所では、どの業態でも年度の決算予測が行えるようにそれぞれの会社にあわせた会計制度を構築しています。

③税務申告に関する知識や能力が低い

ほとんどの会計事務所がコンピューターを利用して申告書を作成していますので申告業務についての差はありませんが、一年分のデータを一度に入力するような処理を行っていると精度に違いが出てきます。
毎月正しい試算表を作成することで初めて経営相談が可能になる事をスタッフにも指導していますので、決算書の精度はかなり高いことと自負しております。
また、税理士3名に加え、科目合格者4名のスタッフがおりますので税務相談は万全です。

④税務調査の対応に不満がある

税務調査の対応は担当の税理士によって大きく差が出ます。税務署の言われるがままで全く反論をしない税理士もいるようです。当事務所では、法律に準拠した決算を指導しておりますので正しい主張を常に行っております。

⑤経営相談などのコンサルティングの能力が低い

税理士に経営やコンピュータのコンサルティング能力があると思い込んでいませんか?税理士は税法の専門家ではありますがその他の分野は素人です。
その為コンサルティング能力に不満があっても直ちに会計事務所を変えることは得策ではありません。
当事務所はシステム開発会社を経営した実際の経験を基に経営相談やコンピュータシステム、内部統率の制度などのコンサルティングが行える稀な事務所です。一般的な会計事務所以上の特別なスキルを求めるのであればぜひご相談ください。