業務について

よくある質問

<質問1>所得税の確定申告をする必要があるのかわかりません。

<答>所得のある人で以下の条件に当てはまる人は、確定申告をしなければなりません。

  • 給与収入が2,000万円を超える人
  • 複数の会社などから給与をもらっている人
  • 給与所得がある人で他の所得の合計が20万円を超える人
  • 個人事業者で納める所得税額がある人
  • また、次の方は、確定申告をすることによって還付が受けられることがあります。

  • 医療費控除、雑損控除、寄付金控除、政党等寄付金特別控除を受ける人
  • 住宅借入金等特別控除を初めて受ける人 等
  • ご相談受け付けておりますので、是非お気軽にご連絡ください。


    <質問2>相続税・贈与税の申告をする必要があるのかわかりません。

    <答>すべての相続人が取得した合計額が、基礎控除額を超える場合は、相続税の申告が必要です。

    相続税は非常に複雑で、特例も多く、知らないと損をすることがあります。

    多少は費用がかかりますが、専門家に任せたほうが安心です。相続税の申告が必要かどうか不安だという方もお気軽にご相談ください。